北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

~第一回、北見市 主任介護支援専門員の集い~

on 2013年9月6日

5日、北見地域介護支援専門員連絡協議会主催による

北見自治区の「主任ケアマネ初の集い」を小泉会長の下「新生町高齢者110番の家」で、

18時30分から開始させていただきました。

当初、数名足らずの出席かと思われていましたが、

何と20名を超える参加をいただき、日頃の現場の状況と疑問、解決策を探る案等

全員の発言をいただき活性する有意義な時間となりました。

★★

また、必要な社会資源を地域と共に考案することや

身近な認知症の人を支える地域ケアパスを主任介護支援専門員らが

現場の意見を交えながら考えることも地域密着であり、

考えることから、どのような会議の場においても積極的に参加する会議の場となるものであります。

次回の検討課題となります。

★★★

初回で記録をとる人が手を休める暇もないほど多くの意見が出ましたが、

今後は精査し自分等の資質向上に向けた研修のあり方、

数々の課題への分析と解決に向けた話し合いを、

ほぼ参加者全員の賛同をいただき次回への展開となります。

今後の社会資源としての有償ボランティアについても更にお話をさせていただきました。


次回の場所は、市内の社会資源を知るためにも様々な所で実施する予定であります。
                                                ♪

★6日はフォーラム前夜祭であります★



Comments are closed.