北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

認知症の人の徘徊

on 2014年4月17日

認知症の人の徘徊からの人数が出されましたが、

認知症の人が入るグループホーム等の専門施設は、まだまだ足りない状況です。

認知症からの徘徊があっても、

入る施設がなく在宅では家族への負担が非常に高く虐待が起きても不思議ではない状況の現実です。

また、数多い施設での認知症の人との混合型等、

ご利用者への認知症の理解も大事な視点で

周りからの冷たい目線から、その場に居る事ができなくなります。

サポーター養成には、同じ方が何度も訪れ何度も学ぶことでより深まっておりますが、

知らない方は、未だにまったく知りません。

今後は、更なる認知症理解の促進には一般企業や学校、PTA、行政、ご利用者含む施設等、

認知症の人との交流を交えた

第二段階のサポーター養成が必要と考えます。



Comments are closed.