北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

9月13日 きたほっと通信

●きたほっとです。

●参加13名+ボランティアさん7名で計20名です。

●本日は柔軟体操、棒体操、うたを行いました。

本日は秋の味覚もたくさんありました。

●一言ずつ敬老の日とこれから思う事について。

テーマを決めると相手の話も聴きとりますが

同時に自分が話すことも考えています。

話があちらこちらに脱線しながらも、

今の自分の思いを語る時間となりました。

「ふるさとの満州に行ってみたい」

「これからも健康でいたい」

「旅先での美味しいものを食べる」

「健康で、誰かの役に立つことをしたい」等・・・など

食事後は、またまた話が弾んでおりました。

ボランティアさん報告より