北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

きたほっと通信 9月23日

新生町拠点高齢者110番の家

きたほっと  地域食堂

9月23日の第4火曜日 、いつものように集合です!

個人的には久しぶりの参加となりましたが、

離れてみると地域に浸透し皆様の生活の張りになっていることが実感できます。

体の体操も頭の体操も、

丹田に集中し引き出される発声も

ごく自然に自分のリズムで行え、

声にも力が増しています。

どちらの体操も、

第一番の目的は“生きる力”へとつないでいくことです。

ご近所の人と顔を合わせ

同じ時を過ごす時間に一人では無いことを感じ

お腹の底から声を出すことで

また、新しい空気が入り二酸化炭素が吐き出されますね。

体内の新陳代謝は、

①出かける為に数日前からその日の計画を立て、

②いつもより体を動かし、どの洋服を着ようかと考え、

③人と出合い、適度な刺激をいただき、

④笑い、

⑤話すことが知らぬ間に活性に導くサロンからの還元ですね。

★☆★

調理の要領も得たボランティアさん等は

あっという間に調理をすませ、

皆さんと一緒に、

認知症の映画のダイジェスト版に集中です。

☆★☆

認知症と言う病気は、皆さん何度も何度も聴かせていただきましたが、

このように役者が演じると

また、ちがった観点から日頃の自身の生活をふりかえり、

子供や孫の事、ご近所の親切さんを思いだし、

自分はそのような症状は無いかと自ら点検に入り

間接的理解へつながります。

認知症と言う理解は

角度を変えた視点から、また新しい理解へと結ばれていくようです。

早めの受診から治療薬で認知症の進行は遅らせる事ができます。

“自分の人生を決めるのは、自分しかいない”・・のですね。

体の健康診断と同じように脳の健康診断も必要な時代が到来です。

▼▼▼  
▲▲▲