北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

4月11日 地域食堂きたほっと

on 2015年4月13日

高齢者110番の家「地域食堂きたほっと」は

昨日も皆さん大勢お越しいただきました。

すぐそばのサービス付き高齢者住宅の皆さんも、

車いすの方を介助しながら

笑顔の中、

仲良く参加していただきました。

体操

音読

回想

朗読

紙芝居

食事のメニューは

親子丼とお汁粉です。

ボランティアさんも1名の新人さんが加わりました。

また「バス停で教えてもらったんだ。

老人クラブの若い人等と一緒にやってきたダンスがね

無理になってきたんだ。ここなら良いかとおもってねー」と。

会話から、津別出身と判明し話題も盛り上がり、

歌もご披露していただきました。

雪もなくなり

春気分で、

顔を合わせること、

会話ができる事、

共に同じ時間を共有できることで“一人ではないのだ”という

満たされた時間が訪れたようです。

次回は、ラーメンの希望がでました。
温かなラーメンをすすりながら、心身の予防に努めましょう。



Comments are closed.