北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

6月24日 一般向け認知症の理解について

一般向け認知症の理解を

6月24日(水)9時30分から

北見社会福祉協議会(体育館)寿町にて実施いたします。

無料です。

主催はボランテア団体二団体です.

*

〇認知症ではないだろうか。

〇記憶はあるし、家にも戻れるの。でも自分らには見えないものが見えると言うの。
 夜中に大声を出しているんだけど、行くと寝ているの。

〇遠方の家族にはしっかりしたことを言うんです。でも、前とだんだん違っているんです。

〇家族が認知症になったんだ。対応がわからないんだ・・・

〇認知症ってどのような症状があるのだろう。

〇ボランティアを行っているけど、対応がわかりません。帰った後が心配です。

〇認知症にならない為にどうしたらいいの、

※当日は認知症のサポーター養成も兼ねますので、まだいただいていない方は

オレンジリングをお渡しいたします。

図1サポーター養成イラスト

イラスト図3サポーター養成

どうぞ、お気軽にお越しください。

担当:0157-61-6670  熊谷

6月24日の申し込みとお伝えください。

住所・氏名・年齢が必要となり登録されます。