北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

一般向け認知症の理解を終えて

一般向け認知症の理解が終了いたしました。

認知症の理解受講から

参加者等は、ご自身の事を心配されたり

老人クラブや地域において該当する方々が浮かんできた方もいらっしゃいました。

地域には、

介護保険を満度に利用できる方、
利用したくてもできない方等、

地域にも格差が生じて来ています。

とくに、これからの老人クラブの在り方が問われている状況です。

今一度、自分等を守るための地域づくりについて

認知症サポーター養成を通し考える時間となりました。

認知症の理解