北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

認知症の理解レベルアップ研修を終えて

on 2015年6月27日

認知症の理解レベルアップ研修終了です。

会長挨拶では、

最近のケア学会は、医療からの発表が多く

どんどん介護現場にも医療の知識が必要な事を述べていただきました。

*

レベルアップ研修の意味もあり、

認知症の基礎となる

「介護の視点で見る脳の理解」から始めさせていただきました。

ロールプレイでは

現場の見事な対応を見せていただき、

「久し振りでご利用者の気持ちになりました」という言葉も。

*

また、遠くは紋別や湧別、網走からもお越しいただき、

終了後の交流会では、現場の工夫が発表され

良き意見交換の場となりました。

大変ご苦労様でした。

ありがとうございました。

認知症の理解

認知症の理解



Comments are closed.