北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

4月9日 きたほっとより

on 2016年4月11日

楽しいきたほっとです。

笑いの体操は必要がないぐらい

大声でおなかを使い

下っ腹が動くように笑っていただけました。

世間話が主ですが、

その世間話がとても重要で

良き刺激が時代を乗り越え

髣髴させていただけるのです。

ついには、

『わたしら、ここに来ていたら  デイサービスへは行けないんでしょう?』と

いう質問も飛び出しました。

***

『デイサービスへは、行く資格取得が難しいかもね・・・』に

大笑いとなりました。

住み慣れた地域で

ある人は自転車で

ある人は杖を2本ついて

散らし寿司に『おいしい!おいしい!」と

ボランティアさんもすぐ結果がわかる反応に

『ありがとうございま~す!!』と威勢よく答えていただけます。

おやつの揚げドーナツ2個は、

持参したタッパーに入れ

『夕飯は、これと、あと少しでいいんだ』と、

一人暮らしの方も

大きな笑顔を残しお帰りになりました。

昔からの良き仲間も元気に応援に入っていただき

ご縁に感謝です。



Comments are closed.