高齢者110番の家 地域食堂 『きたほっと』 From 北見市新生町

高齢者110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

中央包括支援センター主催 家族介護教室(第2回)より

中央包括支援センター主催

家族介護教室 2回目

『ほっと ひといき 』

~~~☆~~

多くの病気の人を介護する

家族介護の会は、

身近な場所での集いは、

なかなかありませんね。

それも定期的に

月に1回という回数では難しいものがありました。

~~~☆~~

まだ

まだ、

まだ、

まだ、

介護と言う仕事につき

支援する側の立場にいる自分等は、

隙間に陥る人々に光を届ける役目が必要です。

~~~☆~~

センター長等と終了後、

『ケアマネさん等も出席すると

ますます、

互いが理解できるね』と。

テキストにするには難しく

しかし

最も身近で切実な部分の

深い時間に

自分等だけではもったいないと感じさせていただきました。

~~~☆~~

3回目も同じ場所で来月もあります。

誰かに話しをしながらも、

課題の解決の糸口は、

もう、すでに自分自身が見定めていることが多々あります。

心を軽くするには相手が必要なのですね。