北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

11月22日 きたほっとより

11月22日の『きたほっと』報告です。

この日も参加者は20名以上にお越しいただきました。

歌は『ふるさと』を唄い、

歌から回想に入りました。

それぞれが頭に浮かんだ事を話していただきます。

*

故郷から

懐かしい山を思い出され、

食べるのに苦労していた時代は、

うさぎを捕獲し

食べた事も話されてました。

*

肉は、鳥肉のようだったと

子供のころの話の展開に懐かしい両親や

姉妹、兄弟の面影も過ぎっているようでした。

報告者

ボランティア  西本さん

★★★

遠い昔を思い出し、

会話を共にすることがき、

そうだ・・そうだ・・と

うなずく人、

話を聞いていただける人がいるこで

共に懐かしく

自分の人生と周りの人の人生まで共有できる時間は、

心の奥が ほっこり  しますね。

次回はクリスマス会です。

12月10日です。