高齢者110番の家 地域食堂 『きたほっと』 From 北見市新生町

高齢者110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

12月27日 きたほっとより

今年 12月最終のきたほっとです。

雪が降りましたが、

この日も皆様元気に参加です。

体操

脳活性

日常の会話等、

話をしているそばから美味しそうな香りが漂い、

一連の終了後には、

注文されたメニューが届きます。

「ありがたいねー!

こんないところはないねー

ごくらくだわー」と

最後は、

ボランティアの皆さんに一年のお礼のことばを

届け

終了となりました。

今度はいつかな・・の質問にも

1月14日だよ!と、すかさず返答がありました。

脳活性も功をなしているようです。

来年も元気なお顔をみられることを願い

みなさん、しばしの別れとなりました。

***

来年も楽しく行事が予定され、

1月18日水曜日には

韓国の高校生がロータリーの関係で

隣のシンフォニーに訪問予定であり

地域の人等も一緒に踊りの見学と

地域の盆踊りをご披露することとなりました。

韓国の高校生には、楽しく介護の場面や地域の交流を

知っていただければとても嬉しく思います。

地球に住む人々がどの国においても

平和で安心できることが最も優先することだと思います。

前を見ること、前に進む事。

希望は前にありますから。

2017年もどうぞ宜しくお願い申しあげます。

高齢者110番の家 拠点 新生町 きたほっと地域食堂