北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

1月14日 きたほっとより

on 2017年1月17日

今年初のきたほっと

皆さん

元気にお越しいただきました。

玄関の1枚目のガラスは しばれて絵の文様ができあがりました。

朝は、6時から火を入れ、

帰るときには凍らないようにウインドウオッシャー液を流していただきました。

皆さんの知恵はすごいです。

今年も元気に

体操

脳活性から

昨年の飛行機の中にあった本から

運勢占いをご披露です。

恋愛運を読み上げると、

これまた、

拍手喝采の大笑いで、

『あんた気をつけたらいいわー』『良かったね」と

ことばもオクターブ高く

黄色い声が弾んでいました。

次回は、24日火曜日です。

また、1月18日は、お隣の高齢者住宅シンフォニーにて

韓国の高校生との交流会があります。

地域の人と

高齢者住宅の人と

デイサービスの人等と

たいこをたたき

盆踊りを行う予定です。

踊るメンバーも増えております。

同じ空間での楽しいひと時は互いに良き思い出となることを願い

心でしかできませんが

精いっぱいのおもてなしをさせていただきたいと思っています。



Comments are closed.