高齢者110番の家 地域食堂 『きたほっと』 From 北見市新生町

高齢者110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

11月28日のきたほっとより

この日も、地域の方々と馴染みの関係の会員さんらが

集合することができました。

*

母親を看取ったばかりの仲間が不参加でしたので、

電話で安否の確認です。

若くても寝込むこともあるものです。

*

『心配だけどかけられなかった』という仲間の言葉に励まされ

“寝ていませんように”・・と念じながらの電話です。

『風邪気味だったの・・行きたかったけど、みんなに悪いから

休んだの・・ありがとう!!』と少々鼻声です。

『水分しっかりとって暖かくして休んでね・・』と

二言、三言の会話でしたが、

声を聞く事で安心が互いに通うような気分です。

*

地域の集まり場は、

少しの支援とかかわり過ぎない関係つくりが必要で、

みんながその事をしっかり受け止めている仲間達でした。

20171209