北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

6月23日 拠点高齢者110番の家 お話会

on 2012年6月23日

文字もない、
時計もない、
太陽の位置を合図に合流をする。
モザンビークのお話会は、
驚きの連続でした。

最後には参加者の皆さんから現地の質問が続々とありましたが、
話を伺えば伺うほど、

人間古来から受け継いだ大事なものを持ち備えているのだと感じました。

将来、国連を希望する高校生は
とても大きな収穫があったと目をキラキラ輝かせておりました。



Comments are closed.