北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

10月13日のきたほっと

すぐ近くの○さんです。

『昨日まで体調が悪くてね・・』と。

お話を伺うと

大事な友人がお亡くなりになっていました。

80代後半になると

それまで親しかった人等の別れは、

身をそがれるように切なく

大事な思い出も一緒に消えていくようなご様子でした。

*

なかった食欲も

大事な会話と、

簡単な体操、

脳活性、音読からの『母さんの歌』から、

少しだけ元気になり、

『きたほっとが側にあるだけで元気で安心できるわ・・』と

年を重ねたからこその

淋しさを紛らわす寄り合いの大切さを教えていただきました。

秋はとくに、男性等からの吉本興業のような冗談や笑いがとても受けており、

デイサービスを休んでいらっしゃる方も。

『エッ!デイサービスってこんなに、たのしくないの!!』と、

1名を除きますます元気な人等は、

きたほっと利用者のデイサービスデビューは、難関のようでもあります(笑)

また、北海道道庁からお客様がお越しいただき、

一緒に歌や

会話を楽しんでいただき、

おもいがけないお客様の来訪に

地域の皆様もとても喜んでおられ、

皆様からの疑問や質問の話し合いには、丁寧に答えていただきました。

ありがとうございました。

疑似親子の時間を皆さん等は過ごしていただいたようです。