北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

2月26日のきたほっとより

on 2019年3月1日

この日のメニューは、久しぶりにカレーライスです。

開設当時は、カレーライスのみの提供でしたが、

いつしか、メニューに変化が出てきました。

お汁粉も、

じゃがいも団子と、お餅の二種類が入り

どなたも満足感に包まれ、

軽度の認知症を患う人も、

認知症の人と家族の会、北見よりそいの会、会長さんや

高齢者相談支援センターさん、

ご近所も

なじみのスタツフも

初めてお越しいただいた紙芝居ボランティアさんも、

マンドリンのような音色の楽器と

拍子木を片手に

観音様登場の昔し話をしていただけました。

誰でも

気軽に

来れる『きたほっと』です。

次回は、3月9日、土曜日開催です。

平成24年3月から丸7年が経ちお祝いの赤飯です。

皆さん楽しく心豊かに遊びましょう。

*************************************

3月3日(日)、北光地区住民センター10時開始12時まで、

『高齢者・こども110番の家』主催で懇談会があります。

認知症の人が病気を患いながらも、教えていただいた言葉から

地域に住む自分等の命を守る術を話し合いましょう。

※当日、懇談会ボランティアさんも受付中です。

9時集合です。

***************************************



Comments are closed.