北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

7月23日のきたほっとより

on 2019年7月27日

7月23日のきたほっとは、

先日の『きたほっと夏祭り』からの話題でもちきりでした。

スイカわりに
のど自慢
ビンゴゲームからの景品と『なかなか購入できないよねー』と、新しい洗剤が当たった〇さん。

皆さん、

『わーすごい!あれあたったんだ!』と、

喜びの報告から話題が一段と持ち上がりました。

仲間のなかにも認知症症状が出ている方もおられ

面倒見が良い〇〇さんが、

黒子のようにそっとお世話をさせて頂ける場面がみられています。

夢中で知らない間に時は流れてきましたが、

無駄ではなかったことが実証されてきているなーと感慨深い場面です。

また、写真は会の役員のところに裁判所からの封書の手紙が届いたとの事で、

皆さんへの注意喚起からの報告です!

奥様の旧制の名前で同住所に届いたと言いますから手が込んでいますね。

いろいろ、形を変えてやってきます。

無視をするのが一番です!

心配なら、すぐ近くの交番へ届けましょう。



Comments are closed.