北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

10月10日のきたほっと

on 2020年10月13日

10月10日のきたほっとです。

皆さん定時に来られ、

また、少し遠方より自転車で来られる方も増しとても嬉しく思います。

世間話から始まり、

厨房は、ボランティアスタッフも大勢来ていただき

慌ただしい感じがしますが

同時に活気があり躍動感に包まれます。

懐かしの演歌のメロディーを希望され、

皆様、しっかり当時を回想です。

『心があっかたくなるわー』

『懐かしいー』と口々に感想を直接伝えています。

玄関の戸をあけっぱなしにし、ストーブを炊いての室内です。

次回も1枚多めに着こんでいただけると安心ですね。

座布団も遠慮なく使いましょう。

腰を包むようにすると暖かいですね。

最後に「命の歌」を演奏していただき

携帯から歌詞を読み込み、皆さんに詩を朗読するような気持で伝えさせていただきました。

昔のものと今のもの、交互に感じることで心が豊かになりますね。

幸せな時間でした。

次回は、10月27日(火曜日)です。



Comments are closed.