北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

10月27日のきたほっとより

on 2020年10月29日

お天気に恵まれ

陽ざしも明るく気温も安定の一日でした。

オホーツク社会福祉専門学校の生徒さんも2名

介護保険事業所と地域のかかわりについて学んでいただきました。

また、地域の高齢者の皆様にも

何が目的で来るのか?等

硬くなりながらもお話を展開されておりましたが、

ここに来て食べ物はもちろんだが

話すこと

会話することが一番であることを地域のみなさんは告げておりました。


来店を目標に

日程を覚え

時間の頃合いをみながら

歩いてくること、

名前を書くこと、

計算をしてカンカンに入れること、

今の心配なことを伝えること、

新しいことを覚えようと集中できること、

たくさんの力が働きました。

★食べ物コーナー★

じゃがいもを揚げ、

みそだれで食べる初めてのチャレンジです。

みそ味には全員が味見をするほど

慎重に行っておりました。

なかなか甘みを引き出せません。

蜂蜜まで登場です。

ほたてご飯も美味しかったです。

今回も持ち帰りでした。

次回も開店できますように



Comments are closed.