北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

7月24日(土曜日)のきたほっと

on 2021年7月26日

暑い朝です。

しかし、いつもの地域の人等が杖を2本つく人や

認知症を患いながらも、足が悪い人を互いが助け合いながら参加です。

話題は、暑さと最近多くなってるコロナの発症についての話題です。

🍎

テイクアウトですが、

なかなか、お腰が上がりません

次も安全に来所できるように早めの帰宅を促します。

コロナ禍においての地域の人の交流は、

区別をすることが大事であり

嫌なこともお伝えさせていただくのは少々きついですが仕方がありません。

🙇

理解のある皆さんは、パワーとなるNさんの掛け声の協力もいただき、

重たい足取りで戻っていきました。

なんだか、切ないですが、

ここが肝心なところと、自分に言い聞かせます。

民生員さんや、ボランティアさん等の早くからの協力で

無事にお赤飯も持参してお帰りいただくことができました。

次回も8月28日頃を予定しておりますが、

この時期は、少し涼しくなっているかもしれませんね。

🍉

新じゃがや、とうもろこしも登場だと良いですね。

ちなみにメニューの持ち帰りは、

修了後、話し合いました。

ちらし寿司100円です。

どうぞ、おこしくださいね。

🙇

そして、今日はごめんなさいね。



Comments are closed.