北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

10月13日 きたほっと通信

on 2012年10月13日

本日は、雨が降っておりましたが
順調に足を運んでいただけました。

ボランティアの方々、男性2名が拠点高齢者110番の案内放送をかけながら、
軽トラックで町内を回っていただけました。

次回は吹き込み、音楽つきで町内を回ります。
「いつも一人だから、人形さんにはなしかけているんだよ」
「今日も来るときね、全員に話しかけて「行ってくるよ」と言ってね来たんだよ。
だから、ここが楽しみなの。」
「皆で笑ったし、おなかもいっぱいになったし、今度は23日だもね。
クラブが終わったら真っ直ぐ来るからね」と、
嬉しい言葉を頂戴しました。

年を重ねた人、
若くても誰かの支えを必要としている人、
互いに支えあうことで次の生きる目標ができ、みんなの心に小さな楽しみがもてたようであります。



Comments are closed.