北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

拠点高齢者110番の家 きたほっと・あいの里 近況報告

on 2012年10月18日

「拠点高齢者110番の家 きたほっと」

北見地域介護支援専門員連絡協議会の施設部会の皆さん等に、
今月は場所を2回提供させていただいています。

業務終了後、
地域の介護支援専門員らの質の向上を目指し役員等が働きます。
一人ひとりの向上を目指す働きが地域の高齢者等に還元されていきますね。

★★★

「拠点高齢者110番の家 あいの里」

地域包括支援センターの業務の紹介後には、
相内診療所医師によるピアノ演奏会が提供され、
馴染のある先生のご披露に、皆さん驚きと感激の面持ちで楽しまれたそうです。
このように身近に先生が訪れていただくこともありがたいことですね。



Comments are closed.