北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

12月4日 「きたほっと」ボランティア クリスマス会・忘年会

on 2012年12月5日

昨日は、吉田理事の進行の中16名が参加していただきクリスマス会一部が盛大に行われました。

全員の一言から始まり、
サプライズは平成24年度ボランティアさんへの感謝状の授与であります。

加藤会長・三木副会長から日頃の感謝と、
今後、仲良く1枚でも多くこの賞状を貯めていきましょうと願い授与式が始まりました。
みなさん、思いがけない賞状に考え深いものがあったようであります。

一次会修了後は二次会へと行かれ楽しい時間をいただきました。
参加者からは、この地域にこのような場ができてよかった。
民生委員のHさんは「地域の盆踊りが素晴らしかった。
あのような地域の笑顔と出会えて新生町が元気になった」と、
会計のSさんは、
「自分の本家の建物の址が、このように皆さんに活かせることや、
会長職は1年交代であり自分の番での巡り合いに感慨深いものがある」など、
今年度残り2回の地域食堂が残されておりますが、このように深く縁を深く感じる人々との出会いの素敵な1年でありました。

北海道からの平成23年度地域支えあい事業が、
北見市はもとより関係者の皆様のお力のもと少しずつ浸透しておりますことに厚く御礼申し上げます。



Comments are closed.