北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

12月18日 きたほっと通信

on 2012年12月19日

昨日も雪が降り続き足元が悪い中大勢の方にお越しいただきありがとうございました。
回数を重ねるごとに難しかったお顔も次第に笑みがこぼれるようになりました。

地域で顔を合わせることで馴染も深くなり、
ボランティアの仲間同士では、互いに「○○ちゃん」と呼び合う中まで発展し関係もより深まりました。

昨日も歌から始まり、更にはビンゴゲームへと”わくわくドキドキ”の時間を過ごしました。
差し入れのみかんにも「甘い。これは高いね」と皆さん子供のように喜んでいただきました。

地域の皆様、関係者の皆様、お蔭様で3月から始まった
高齢者110番の家、拠点新生町「地域食堂きたほっと」も無事に今年度終了することができました。

今後も地域に末永く残ることができるよう
ボランティアの方を中心として皆様の意見を参考に進めさせていただきたいと思います。
一年間のご愛顧誠にありがとうございました。

新春は1月12日(土)でございます。
ちびっ子・お母さんもどうぞご参加ください。
先輩のお母さん・お父さん達がいろいろご相談に応じていただきますよ。



Comments are closed.