北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

3月16日 フォーラム終了のご報告

on 2013年3月18日

16日、土曜日は雪が降る中でありましたが大勢の方々に起こし頂き
活発な意見の展開もあり、実りの多い時間をいただきました。

講師陣からの新たな学びと

介護する当事者の赤裸々なお言葉は、参加者の心に染み渡り、

その後の意見の交換では、時間が不足するほどの活発な意見交流となり次回への反映とさせていただく場面を頂戴しました。

また、二部のランチョンセミナーでも予想を上回るご参加をいただきました。

ポジティブな成功事例発表では、

現場における丁寧な積重ねから、

近隣住民相互の助け合いの必要を大いに語っていただき今後の地域の活性化に大いに役にたつことと思います。

北見市行政の人々も参加していただき、

同じ空間で共に自分等ができることを考える意見の交換や、

他の地域の方々も参加していただいた意見の交換は時が経つのも忘れる時間となりました。

今後、いただきました貴重なご意見は、有志の主任介護支援専門員等と検討を重ねていきたいと思います。

遠方からお越しいただいた講師の皆様

ご来賓の皆様、オホーツク認知症介護指導者の皆様、

津別・美幌・訓子府・斜里・余市からご参加していただいた皆様、

北見市内地域包括支援センターを含む北見市民の皆様誠にありがとうございました。

ボランティア団体
  行方不明から安全に戻れる事を願う会
  北見 高齢者110番の家



Comments are closed.