北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

高齢者110番の家 拠点「あいの里」の開催日が変更になりました

on 2013年5月10日

高齢者110番の家

拠点「あいの里」は第二水曜日の開催と曜日が変更になりました。

先日は、お花見を予定しておりましたが

あいにくの小雨と低温で室内での実施となりました。

笑いの体操と笑うことによる効果、

人と会い語ることの意味や

認知症治療薬のパッチ式の友人の話、

母の日が近いことから「母を語る」場面となりました。

優しかった母、

介護に明け暮れていた母

病弱な母

忙しく働き続けていた母、

それぞれの母親像が浮かび懐かしい姉妹やその当時の元気な地域が蘇り、

会話が会話を呼びあっという間の時間の経過となりました。

皆さんに飲んでいただきたいと参加者の甘酒の差し入れ等お花見気分を満喫する時間をいただきました。



Comments are closed.