北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

【動画のご案内】認知症とともに歩いていこう。

前を向いて、出会い、つながる。そこに「希望の道」がある。
認知症とともに歩いていこう。
7人の認知症本人を動画でご紹介「希望の道 -認知症とともに生きる- 」

認知症の診断を受けた後も、自分らしい生き方を続けている人。
当事者として社会に貢献する活動を始めた人。これまでの人生を見つめ直し、新たな楽しみを見つけた人。
自分の思いや希望を伝えて、楽しみながらチャレンジしよう。

詳しくは厚生労働省認知症本人大使「希望大使」へ


No Comments »

NHKハートフォーラム ライブ配信 (3/28)

【NHK厚生文化事業団創立60周年記念】私たちは2030年にSDGsを達成できるのか!?~「誰ひとり取り残さない社会」を発達障害と認知症を例に考える~(3月28日)ハートフォーラム<オンライン>

2021年3月28日(日曜日)にライブ配信によるフォーラム 「私たちは2030年にSDGsを達成できるのか!? ~『誰ひとり取り残さない社会』を発達障害と認知症を例に考える~ 」を開催します。

13:00~【第1部】基調講演「『誰ひとり取り残さない』ための人間理解の視点を持つ」
講師:柳田 邦男(ノンフィクション作家)

14:00~【第2部】事例研究「誰ひとり取り残さない」 現場の声から課題を探す
(1)SDGs目標4:「質の高い教育をみんなに」
「発達障害」~誰も置き去りにしない学びとは~
出演者:菊田 有祐(発達障害当事者)
菊田 史子(保護者/(一社)読み書き配慮 代表理事)
本田 秀夫(信州大学医学部附属病院 子どものこころ診療部 部長)
(2)SDGs目標3:「すべての人に健康と福祉を」
「認知症」~当事者を生きづらくする支援・生き生きさせる支援とは~
出演者:柿下 秋男(認知症当事者)
永田 久美子(認知症介護研究・研修東京センター 研究部 部長)

16:50~【第3部】ディスカッション「私たちは、10年後にSDGsを達成できるのか!?」
上記出演者によるパネルディスカッション

※時間は目安です。どのコーナーからでも自由にご参加いただけます。

日時
2021年3月28日(日曜日)
開演:午後1時/終演:午後6時(予定)

申し込み
参加は無料ですが、事前の申し込みが必要です。
※インターネットデータ通信料のみご負担ください。
(締め切り)2021年3月25日(木曜日)午後6時

詳細はこちらから


No Comments »

テレビ放送が決まりました!!

NHKチーフディレクター川村氏より、

皆さんへの取材の協力お礼と、

放送予定のお手紙が届きました。

★★★

番組の放送予定は以下の通りです。

総合テレビ

『どーもNHK』

2020年1月26日(日)AM11:20~11:54分

その中の「もっとNHK」のコーナーで

『認知症とともに生きるまち大賞表彰式』を

一部紹介されます。

全国放送です。

★★★


No Comments »

研修会のご案内(2020.01.17 札幌)

お申込書


No Comments »

12/5 北海道新聞 オホーツク北見版に掲載されました


No Comments »