高齢者110番の家 地域食堂 『きたほっと』 From 北見市新生町

高齢者110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

6月12日 認知症セミナーのご案内

いろいろな認知症を学び、より良い人生を支援させていただきましょう!
武田 純子先生による『各種 認知症の人に対する 介護のポイントとアセスメント・ケアプランの視点』

武田純子先生プロフィール
1949年生まれ、北海道出身。有限会社ライフアート会長 グループホーム福寿荘総合施設長。
看護師・介護支援専門員。1996~7年にかけ、日本看護協会 先駆的保健活動交流推進事業にて、
グループホームを運営し、その後2000年にグループホーム福寿荘を立ち上げ
グループホーム3事業所と認知症デイサービス・居宅介護支援事業所を運営。
2016年より、会長職。認知症ケア学会・倫理学会に属し、
北海道グループホーム協会顧問・レビー小体型認知症サポートネットワーク札幌代表・認知症介護指導者などの活動をしている
※宮本先生と共著の『認知症を堂々と生きる』が5月10日中央公論新社から発売になります。

とき :6月12日 12:30~15:30
場所 :北見スケートリンク会議室 
参加費:1500円 
定員 :30名(先着順:定員になりしだい会場の関係から締め切らせていただきます)
主催 :北見高齢者110番の家
後援 :認知症の人と家族の会

20180612



平成30年度 北見高齢者110番の家

平成30年4月20日、地域食堂きたほっとにて開催されました総会の
資料を一部抜粋して掲載致します。

平成30年度 総会議案 (一部抜粋版)

行方不明から安全に戻れる事を願う会と北見高齢者110番の家は、1つの団体に合併し、
「北見高齢者110番の家」として新たなスタートが始まりました。
これからも変わらず、よろしくお願い致します。

北見高齢者110番の家 事務局



家族介護者交流会「ほっとできる場」のお知らせ

20180523



斜里の町民の皆様及び北見市警察官の皆様より

斜里の町民の皆様及び北見市警察官への認知症の理解等、

認知症の人への理解を伝えさせていただく立場から

多くのものを吸収させていただきました。

*

今の業務の他に、

認知症介護指導者の働きとして動かせていただく事は

年々、厳しくなっておりますが、

しかし、

普段気づいているようで見落としている点など

他の立場の方のお話を賜り、間接的に

在宅で介護されている皆様からの気づきとなって新たな展開へと発展することができます。

自身を鍛えるきっかけとなるものは、

多くの人とのかかわりから得られるものだと

地域においても

大きな車を大破し

『もう車やめようと思うんだ。今年も、ここは(きったほっと)あるんだべさ!』と、

あれほど車の運転について首を縦に振らなかった

きたほっとの高齢者のお一人からでも、

何度も何度も繰り返し伝えることの大事さ等、

地域の“場”として個別の役割として

支援のあり方を教えていただけます。

◆◆◆

先日、実施されました北見警察署職員の皆様からの

『警察官の為の認知症の理解』からアンケートをいただくことができました。

ご担当されましたソフトで明るいTさんから

許可もいただきましたので抜粋させて掲載することで

人としての警察官の皆様のお心にふれていただきたいと思います。

1.セミナーを受講しての感想

●認知症にも様々な原因と種類があって勉強になった。

●認知症に関する理解を深める事ができた。

●認知症の大変さが改めて認識できた。

●今後、認知症の方に理解をしめして対応したいと思います。

●私の地元が北見で、じいちゃんも、ばあちゃんんもいるので受講したことを参考にしてみようと思いました。

^^

●介護している人にうつ病を発症していることに、いかに介護が大変なものと思った。

●すごくわかりやすかったです。

●優しく接していきたい。冷凍庫に母が物をためすぎており心配になってきた。

●認知症について様々なことが聞けてとてもよかった。

●認知症の方に対する接し方等を学べて大変参考になった。

●認知症にも様々なものがあり、対応も変わることを知った。

●認知症と言っても、色々な症状があるということがわかりました。症状は個人によっても異なり

 また、疾患によっても多様化することもあり、そうした知識がなかったのでとても受講して良かった。

●認知症患者に対する応対について基本的な事がわかった。今まで誤った対応もしていた。

●笑いの効果と受容が大事だと思った。
●認知症に対して忘れているということを悪いイメージでとらえていたから逆手にとって

 忘れるということを利点にしてとらえるということはすごく逆転の発想と納得できる。

(骨折を忘れ安定後は、何事もなかったように歩く事ができる認知症の人の事例紹介より。また、関係の悪かった人との修復も可能ですね)

^^

2.警察官として、今後どのように認知症の方と接するべきであるか。

●あたたかい目でみまもること。

●優しく相手の方を思いやるあたたかい目で見守ることが大切であると感じました。

●相手の心情を理解して粘り強く接していかなくてはならない。

●(警察官ではないが)今後、接する機会があれば、

否定的なことを言わずにあたたかい対応を心がけたい。

●接する際は、おしつける言葉はダメだという事がわかりました。

優しく言葉を交え、その人に

よりそう事が理解への第一歩と思い今後、対応したいと思います。

●人と接する職業なので対応力を深めて理解を進めるべき。

●相手に対する質問に注意しながら慎重に対応すべきと感じた。

●犯罪を犯すつもりがない場合もあり、何でも事件化すべきではない。

●ただ、話ができない人だと思わず受講したことを参考にしようと思います。

●怒らず、やさしく話を聞きたいと思います。

●認知症の特性を理解し適切に対応したい。

●相手の立場になって物事を考え接していきたい。

●もっと患者の目線にたって接するようにしたい。

●取り扱いも多いので丁寧に対応したい。

●相手の立場になり、話を聞く事の大切さを改めて認識いたしました。更に今後もご指導をお願いしたいです。

(こちらこそ・・ありがたいことです)

●事件の当事者に高齢者を扱う際、被害者側を目の前にした場合だと、特に強く言ってしまいがちだが、

 頭ごなしに言わないようにしようと思った。

●今後、犯罪が認知症による場合、可能性を考える必要があると感じた。

●取り扱いで把握した対象者があれば連携していきたい。

●対等に優しく接していくべきであるとことがわかった。

●決して無理せず簡単な言葉で納得してもらう。

***

貴重なアンケートをお書きいただきありがとうございました。

認知症の人に成り代わりお礼を伝えさせていただきます。


_ _

ありがとうございます。

どうか、どうか・・・

今後ともお世話になるばかりですが宜しくお願いします。

DSC07736



きたほっと勉強会より

年末の防犯について北見警察署 生活安全課 泉係長さんの

お話を聞かせていただきました。

皆さんとても集中され、終了後は全員が感想を述べていただいたり

すでに、下記の電話を受け取っていた方もおりました。

老人クラブの友人や

正月には、家族で話しますとおっしゃっていました。

1.灯油の盗難が多発!

●灯油用タンクの給油口からの抜きとり

●灯油用タンクのパイプ切断

●灯油用ポリタンク自体の盗難

◆対策

給油口の対策

・盗難防止給油口キャップがホームセンターで販売中!

・給油口を専用のふたと南京錠で施錠

・パイプ部分をガード

ホームセンターで販売中です!!

●●●

2.オレオレ詐欺に注意!

いくつかのパターンに別れている

典型的なのは

①息子・孫を名乗ってくる。

②ゴホン・ゴホンとのどの調子が悪い

③のどにポリープができた。
●●●

北海道の手口

①『会社の通帳が入ったカバンを紛失した。すぐに現金が必要だ』

②『上司の息子が自宅近くまで受け取りに行く。』と言ってキャッシュカードや

現金をだましとる。

●●●

《被害事例》

金融機関職員や警察官を名乗る者から

口座が不正に使われている。

キャッシュカードを作り直す。と電話が入る。

      ↓

金融機関職員や警察官がキャッシュカードを預かったり

暗証番号を聞く事はない。首になる!!(と、考える)

◆ 暗証番号を言わない!カードを渡さない!

●●●

3.還付金詐欺が多発!

◆医療費の還付金があります。

◆お近くのスーパーのATMで還付金を受け取れます。

こんな甘い話はない!

減ることはあっても増える事はない!と考える・・

必ず誰かに話すこと!!

4.有料動画サイト等を運営するDMM.COMの装い、

架空の利用料金等請求する不審メール!!

携帯等に

***うそ***

総合サイト登録履歴があり未納料金が発生しています。

本日、ご連絡無い場合は法的手続きに移行します。

DMM相談窓口 03******

電話をすると、大変!

支払わなければ裁判になります。と言う!

支払いは、コンビニで電子マネーを買って番号を教えてください等と

指示され、お金を騙し取られる。

●●●北見でもある詐欺●●●

5.コンビニ代行決済を悪用詐欺も発生!!

・今から言う番号をコンビニに行って

支払ってください。

・有料サイトの未納料金

・訴訟の和解費用

支払う前に必ず警察などに相談を!!

●●●

高齢者住宅入居者にもハガキが届いたという、

6.消費料金に関する

訴訟最終告知のお知らせ

・管理番号

・法務省管轄支局

国民訴訟告知管理センター

似たようなハガキはすべて詐欺です!

連絡する必要もありません。

必ず誰かに相談を!

警察相談電話  #9110 へ相談を !

高齢者110番の家  新生町『きたほっと』勉強会より