高齢者110番の家 地域食堂 『きたほっと』 From 北見市新生町

高齢者110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

8月4日 七夕・盆踊り大会準備 その3

7月29日の日曜日の夕方から、盆踊りの打合せとお楽しみ会を開催いたしました。

8月4日新生町高齢者110番の家盆踊り大会の概略は以下の通りです。

【第一部】
 七夕 「 ろーそくだーせだーせよ」 集合と町内会の回る順序、
 安全な道路横断係り
 終了後のろうそくの火の始末

【第二部】
 会の挨拶(高校生理事等)
 子供盆踊りの開始
 景品渡し

【第三部】
 北見高齢者110番の家会長挨拶
 行方不明から安全に戻れる事を願う会会長から
 優秀賞ポイントについて説明
 ※エーデルワイス つるさん がお手本を披露します。超お楽しみ!!
 大人盆踊り開始(仮装大歓迎・それぞれの自己流/流派大歓迎舞踊)
 審査
 各社協賛いただき、景品が山積みであります。

今回は住宅街であり
終了19時30分と早めになっております。



7月17日 きたほっと通信

7月17日は人形劇の皆さんが起こしになりました。
人形劇は「子供向け」と、お思いになる方もいらっしゃるかもしれませんが、
日本の昔話のストーリは、柱がしっかりとしており、
大人が聞いても話の展開に引き込まれました。
西尾さん等はボランティアと言いながらも、
日々の積み重ねと理念をしっかりと持たれ足を運ばれている姿は、
言葉には言えない本物が観客側の人々へも伝わり、
高齢者の人々の心にも、
水戸黄門のように、良いおじいさん、悪いおじいさんの展開から
すっきりとストーリーが運ばれ
満足した面持ちで皆さんお帰りになりました。
今日は、友人も出演しており活躍される姿に嬉しく思わせていただきました。
ありがとうございました。
また12月、子供さんと共に冬休み中にお願いしたいと思います。



町内への広報活動

七夕・盆踊りの紹介と挨拶を兼ね、
運営委員の町内会長と担当者等が町内を回りました。

きたほっとで
念入りな打ち合わせを行い、
暑い中、労を惜しむことなく回っていただきました。

少しでも喜んでいただく為にと働く人々に頭が下がります。



8月4日 七夕・盆踊り大会準備 その2

7月12日、18時から8月4日にむけ、七夕ちょうちん担当委員の人々が
業務終了後きたほっとに集まりました。

「ろうそく大臣」から「4リットルの缶がいいのだ」と指導をいただきましたが、
現在は、あまり見当たらないとの事。

『ろうそく大臣』に何とかご理解をいただこうと、
桃缶で見本を作製することといたしました。

乞うご期待であります。

高齢者110番の家 地域食堂きたほっと 北見市新生町



7月7日 きたほっと通信

7月7日(土)のきたほっとは、「七夕 懐メロ アコーディオン演奏会」でした。

短冊にそれぞれの願いを込めて、いつまでも、みんなが元気で
楽しい日々をいつまでも。

本日は、アコーディオンの演奏に訓子府から来て頂きました。
知床旅情やふるさとなどリクエスト曲も含めて情緒いっぱいに
演奏下さいました。
最後にアンコールもあり楽しいひと時でした。
7月13日に「あいの里高齢者110番の家」でも演奏していただけます。

七夕セットランチはカレーライスとアイスクリーム 200円。
うどん 100円など。

次回は7月17日です。
8月4日は盆踊り大会です。