高齢者110番の家 地域食堂 『きたほっと』 From 北見市新生町

高齢者110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

9月20日 みんなで考え、みんなで創る住みやすいオラがまち

9月20日、
「行方不明から安全に戻れる事を願う会」と「高齢者110番の家」のボランティアが主催となる
関係者だけへの小さな呼びかけでしたが、北見市市長さんの挨拶から
現場を動かしている警察・北見市SOS担当者・民生委員・認知症疾患医療センター・精神科病院の人々・
北見市地域包括支援センター各事業所・介護支援専門員・地域住民、
行方不明の会・高齢者110番の家貼付宅・拠点あいのさと・きたほっと関係者・
大勢の方が「自分以外の誰かの為に」熱く語っていただきました。


拠点高齢者110番の現状と推進状況について「あいのさと」からもお話や、
北見警察署の生活安全課からは、昨年度と比較しても行方不明者の数が大幅に増していることなど、
住民参加による協力を強く求めておりました。


介護がついている介護支援専門員とのネットワーク、
介護がついていない行方不明時の地域のネットワークの連携、
また、地域へのベンチの設置の推進、
一度でも慣れた道で迷ったなどの場面での早期受診と
早期のGPSの活用(居場所を探知機で確認)、


住民からは捜索に出たけれど、何処が中心となるのか不明なことなど、
地域においての行方不明からの模擬訓練の大事さなど、貴重な意見を承りました。
帰りには「素晴らしい会議だった」と、嬉しいお言葉もいただき、
仲間等の少しの力の出し合いで、地域つくりの輪が広がりました。



9月18日 きたほっと通信

来客も、ボランティアさんも同時に席に着き、
お祝いの会が始まりました。

じっくり腰を落ち着けることは、
心の奥にしまいこんでいたことも話すことができます。

地域の皆さんと、
地域包括支援センターのセンター長さんや
地域の事業所の皆さんとも馴染の関係ができつつあり、

会話は人との交流を促進させていただけました。



9月8日 きたほっと通信

9月8日(土)は、琴演奏と舞踊でした。

次回のきたほっとは、9月18日(火)10時開店です。



きたほっと 次回 9月8日のご案内

次回のきたほっとは、9月8日(土)10時開店です。

11:00~11:30 琴演奏と舞踊(参加無料)

メニュー
・フルーティーカレーライス      200円
・なつかしラーメン          200円
・コーヒー/アイスコーヒー/ジュース 各50円
・アイスクリーム(トッピング付))   60円

>>次回のご案内資料