北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

夏祭り大会の打合せ

北見高齢者110番の家主催による

第3回 高齢者110番の家 夏祭り大会 打ち合わせ会議を行いました。

今年は7月26日(土)であります。

会長

副会長

事務局長

理事の皆さん等が「きたほっと」に集まり、

①日本の夏の伝承「ろーそくだせ・だーせよ」

②子供盆踊り

③大人仮装盆踊り

④子供縁日やパン屋さんの調理パン、

⑤ヨーヨー

⑥くじ

⑦その他  

位置情報検索サービス(案)について

話し合いました。

・・・・・・・・・

認知症の人等の徘徊時の位置情報検索サービスの使用する端末は

従来の端末よりも小型・充電式・防水・耐振動・GPS・防塵質量30gで軽量で、電池が長持ちです。

やっと希望の物が出来上がりました。

軽量ですから、なじみの服の内ポケット(隠しポケット)の中にも使用できそうです。

自分では出せずに介護者が先に隠しポケットに入れる事が大事かも!

また、なじみの着物をポシエットにし首から肩にかけると転んでも体から離れる事はありません。

子供の七五三の着物の布でも良いでしょう。

その人が大事にしたい。

見ると嬉しいもの、

「いつも持ち歩きたい」と思える個別のアセスメントが必要なのですね。

::::::::::::::::::::::::::::

(株)北見コンピューター・ビジネスが、

社会貢献で取り組んでいただけました。

二団体の事務局長伊藤さんの職場であります。

このような企業がどんどん栄えていただきたいと思います。

現在はメーカーの受注生産が間に合わない状態で二か月遅れだそうです。

8月予約受付開始

10月 本格サービス開始予定

会としては行方不明からの悲しい事故を防止したいという願いだけであります。

::::::::::::::::::::::::::

夏祭り大会では

今回も北見商科高等専修学校のボランティアの皆さんがお手伝いをしていただけます。

お盆の一足先に

地域の人々が顔を合わせ一堂に目的を同じに時を過ごすこと。

このようなまつりの目的は「楽しい思い出」であります。

寂しくなった地域に“子供を呼び、孫を呼び”

地域の住民が一気に多くなり、

なつかしい家族の再現であります。

縁をつなぎ

縁をとりもどすことで

独りであっても平穏な日常を再び継続でき、

今日と言う日が二度とない人生の一日に互に光をあてるのは、

人生の最期の日への自分等の納得を求める為かもしれません。