高齢者110番の家 地域食堂 『きたほっと』 From 北見市新生町

高齢者110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

6月9日開催(東京都港区赤坂) 認知症とともに生きる私たちからのメッセージ

20180609

お申込書はこちらから



次回 6月8日 きたほっとのご案内

20180608



5月22日のきたほっとより

先日の母の日メニュー

赤飯と巻き寿司は大好評だったけど、

今日のカレーライスもおいしいねーと!

参加者の中には、予防デイサービスを休んで来ましたと・・。

なんとも

申し訳ない気持ちになりましたが、

楽しい場には、自然と足がむいてくるのでしょう。

男性等のお笑い軍団は、一段と腕を磨きレベルアップしているようです。

お帰り前の最近のニュースの本音、

あなたは、何が一番きになるでしょうか・・?の質問に、

それぞれが、興味深い考えを話されていました。

聞く事、頭で考える事、家に戻ってもう一度出来事を思い浮かべる事で

すばらしい

脳活性の時間となっているようです。・・が、

いえいえ、

一番は、くったくのないお腹からの笑いが一番のようでした。



6月12日 認知症セミナーのご案内

いろいろな認知症を学び、より良い人生を支援させていただきましょう!
武田 純子先生による『各種 認知症の人に対する 介護のポイントとアセスメント・ケアプランの視点』

武田純子先生プロフィール
1949年生まれ、北海道出身。有限会社ライフアート会長 グループホーム福寿荘総合施設長。
看護師・介護支援専門員。1996~7年にかけ、日本看護協会 先駆的保健活動交流推進事業にて、
グループホームを運営し、その後2000年にグループホーム福寿荘を立ち上げ
グループホーム3事業所と認知症デイサービス・居宅介護支援事業所を運営。
2016年より、会長職。認知症ケア学会・倫理学会に属し、
北海道グループホーム協会顧問・レビー小体型認知症サポートネットワーク札幌代表・認知症介護指導者などの活動をしている
※宮本先生と共著の『認知症を堂々と生きる』が5月10日中央公論新社から発売になります。

とき :6月12日 12:30~15:30
場所 :北見スケートリンク会議室 
参加費:1500円 
定員 :30名(先着順:定員になりしだい会場の関係から締め切らせていただきます)
主催 :北見高齢者110番の家
後援 :認知症の人と家族の会

20180612



次回きたほっとのご案内

20180522