北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

7月13日 第8回 夏まつりのご案内



6月8日 きたほっとより

6月8日のきたほっと終了しました。

早めの父の日を行いました。

ボランティアの皆さんも初の天ぷら揚げです。

きたほっと全体が天ぷらに包まれているようになり、

お昼の食事を想像しながらの体操・歌・会話となりました。

嫁に来た時の話もあり、

今だからこそ言えること、

心の重荷を笑いながら『どっこいしょ!』と降ろしている様子です。

言えなかった話を今だから言える。

過去の重荷の心をすっきりさせる。

とても大切なことです。

我慢があたり前の時代に生きた人々です。

今こそ、昭和の話を若者に伝える時期かもしれません。

苦労の積み重ねは、

一見、不幸のように思いますが、

いえいえ、

見過ごすような小さな喜びを、

じっくりかみしめる味わい深さを伴っていただけますね。



次回 6月28日のきたほっと