北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

8月10日のきたほっとより

昨日のきたほっとは、

何度か自宅まで訪問させていただいておりましたが、

少し心配していた男性高齢者も仲間に声をかけていただき

長い道のりを歩いて参加していただけました。

飼っていた犬も手放し、

長年の車もなくし、

喪失感が心配でしたが、

皆さん、玄関で靴を脱ぐなり大きな拍手でお迎えです。

お元気な様子に安堵しましたが、

ご本人からは男性が少ないから・・なーと、

ここでも男性が不足気味です。

良い会話は、気分を自ら向上させますね。

同じ時間の空間を共にすることで仲間意識も高まります。

一人が来ないと皆さんが心配をされています。

男性同士も、仲間で誘いながらお越しただけるとまだまだ賑やかになるでしょうね。

五目寿司も大変おいしく

差し入れの漬物もとても美味しく食することができました。

食事終わりに部長が朝もぎトウモロコシを持参し、

会長が自らゆで、塩のあんばいも丁度良く皆さん食する人と、持ち帰る人と

家での楽しみも持てたようです。

次回は、カレーライスが予定です。

腹式呼吸も何度も挑戦し少し体感することができたようです。



次回 きたほっとのご案内