北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

第3回認知症とともに生きるまち大賞 表彰式の様子

2019年12月7日に行われたNHK厚生文化事業団「第3回認知症とともに生きるまち大賞」の表彰式の様子が
下記のページに掲載されました。

各団体の取り組みをまとめた動画も掲載されております。
是非、ご覧ください。

https://www.npwo.or.jp/info/15995

また、「認知症フォーラムドットコム」のホームページには、
司会の町永俊雄さんが書いた、授賞式のコラムも掲載されております。
こちらもあわせてご覧ください。

https://www.ninchisho-forum.com/eyes/machinaga_124.html


No Comments »

2月8日のきたほっと

この日も前回同様、前日から発電機を使用し

急速に温め水道管内に残っている水を溶かすところから始まり、

丸一日ストーブを、炊いて正解でした。

ご近所の顔なじみの皆さんも、

奥に間には、子どもさんと家族でお越しいただくなど

感染防止に話からマスク手づくり持参の話まで

にぎやかなきたほっととなりました。

お喋り時間では、

参加者のNさんが、

キッチンタオルを使用したゴム付きのマスクを

持参していただき、

皆さん集中して手に取っておられました。

テレビのお医者様も、なければガーゼなど利用してつくることや

今までのマスクを中性洗剤で軽くゆすぎ、

水洗いをして干しておき

使用することも全くしないよりは良いというお話でした。

自分に合ったマスクを手づくりで作るのも良いですね。

子どもの頃にはガーゼをたたみ込み、

そこにガーゼを細く切り

自分の耳に合わせた長さで輪にして通して簡単に作っていました。

ガーゼばかりではなく、他の布でつくるのも良いかもしれません。

カレーライスが最高に美味しかったです。

手洗いをこまめにし、

人込みをなるべく避け、

ぐっすり寝て、食欲があればウイルスも飛ばせますね!

と、パソコンを打っているうちに下記のメールが届きました。

★★★

北見市よりメール配信です。
2月10日現在、オホーツク管内での新型コロナウイルス感染者は確認されておりません。
過剰に心配することなく、風邪やインフルエンザと同様に、マスクの着用(手作りですね)
手洗い、うがいなど通常の感染対策を行ってくださいとありました。

★37.5度以上と、呼吸器障害、発症前2週間以内に中国湖北省への
渡航歴がある方、渡航歴があり上記症状を有する人との接触歴がある方は、

速やかに北見保健所(0157-24-4171)にご相談下さい。
医療機関のご案内や
必要な検査・治療を受けることができるそうです。

配信元:市民の声をきく課

!(^^)! 誰もいなくて安心でした。
また、こころあたりのある方はすぐ連絡ができる体制で安心ですね。


No Comments »