北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

7月24日(土曜日)のきたほっと

暑い朝です。

しかし、いつもの地域の人等が杖を2本つく人や

認知症を患いながらも、足が悪い人を互いが助け合いながら参加です。

話題は、暑さと最近多くなってるコロナの発症についての話題です。

🍎

テイクアウトですが、

なかなか、お腰が上がりません

次も安全に来所できるように早めの帰宅を促します。

コロナ禍においての地域の人の交流は、

区別をすることが大事であり

嫌なこともお伝えさせていただくのは少々きついですが仕方がありません。

🙇

理解のある皆さんは、パワーとなるNさんの掛け声の協力もいただき、

重たい足取りで戻っていきました。

なんだか、切ないですが、

ここが肝心なところと、自分に言い聞かせます。

民生員さんや、ボランティアさん等の早くからの協力で

無事にお赤飯も持参してお帰りいただくことができました。

次回も8月28日頃を予定しておりますが、

この時期は、少し涼しくなっているかもしれませんね。

🍉

新じゃがや、とうもろこしも登場だと良いですね。

ちなみにメニューの持ち帰りは、

修了後、話し合いました。

ちらし寿司100円です。

どうぞ、おこしくださいね。

🙇

そして、今日はごめんなさいね。


No Comments »

次回 7/24 きたほっとのご案内


No Comments »

7/10 認知症の人と共に暮らす まちづくり研修会 より

7月10日 10:00より、新しい留辺蘂住民交流センターにて

『認知症について皆で話す座談会から気軽に語ろう!』を開催しました。

人数は、最少人数で募集も途中打ち切りで実施です。

武田純子さんの講話や、北海道認知症家族の会 西村事務局長のお話を頂きました。

その後は、

認知症を介護する人たちから事前に受け付けた相談を紹介し、

各先生からアドバイスを頂き、とても内容の濃い時間となりました。

また、ひとりで散歩するので心配という意見からも、

おさんぽさん(GPS)が、出来上がるまでの

協力者である行政の人やメーカーの人、

また、何とか誰もが手が届く価格で

行方不明からの死亡を無くしたいという

『こんなGPSがあったらいいな~』という作成時の思いをご紹介しながらも、

あまりに低価格で抑えたため、

会の事務局長が所属する会社(株式会社北見コンピューター・ビジネス)の

地域貢献事業としての働きであること等、

地域を守る為には、それぞれの少しの貢献で地域の暮らしやすさが変わることや、

実際に使用中の方を担当しているケアマネさんからは、

介護する娘さんが、

『道がわからなくなるときに、何処にいるかがわかること』を伝え、

納得して使用していること等の発言もありました。

🌳

和泉センター長を柱とする留辺蘂高齢者相談支援センターの皆さんの

早朝からの良きチームの連携もあり、

会がとても盛り上がりましたことをご報告させていただきます。

コロナ禍ではありますが、

木を活かした環境の中で

広い空間をゆったりと使用でき皆さんからも

今後も強く継続を希望する前向きな意見も頂戴することができました。

ご協力をいただきました皆様に深く感謝申し上げます。

ありがとうございました。


No Comments »

次回 きたほっとは7月24日(土)です

7月24日(土) 10時~11時

持ち帰りご飯、お赤飯  100円です。

お待ちしています。

お天気がよければ外で椅子に座りましょう。


No Comments »

きたほっと臨時始動

7月3日、会の役員さんの働きで

茹でて皮は剥かれ、

食べるばかりの新鮮なやわらかな『ふき』と、

トマトをいただきました。

早速、よねちゃんから会員へ連絡すると

久しぶりに次々と参加していただきました。

短時間の出会いと言葉の交換でしたが

ボランティアさんを兼ねた民生委員さんも健康状態の確認や

お世話と

情報収集に励んでおりました。

足腰が弱った人も皆さんとの出会いから

外での会話が止まらず、

これは、立位保持訓練になったり筋力向上訓練だね‥♪と、

🍅

改めて地域の交流は、精神面の意欲の向上と、健康維持への密接な関係であります。

また、帯状疱疹がなかなか治らず、

痛みと闘っている方もおりましたが

外に出る事で痛みも和らぐと

皆さんから励ましや前向きになる秘訣のエールが山ほど送られていました。

地域は、今の暗闇だからこそ、その人に光が当たる大事で最も必要なことでした。

二度目のワクチンも、そろそろ終了する方もおり、

感染を心配しながらも感染防止対策を取り入れ

コロナに負けることなく前に進んでいこうと皆さんの姿から学びです。

お弁当100円持ち帰りから始めましょう。

またご連絡いたします。


No Comments »