北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

きたほっと臨時始動

7月3日、会の役員さんの働きで

茹でて皮は剥かれ、

食べるばかりの新鮮なやわらかな『ふき』と、

トマトをいただきました。

早速、よねちゃんから会員へ連絡すると

久しぶりに次々と参加していただきました。

短時間の出会いと言葉の交換でしたが

ボランティアさんを兼ねた民生委員さんも健康状態の確認や

お世話と

情報収集に励んでおりました。

足腰が弱った人も皆さんとの出会いから

外での会話が止まらず、

これは、立位保持訓練になったり筋力向上訓練だね‥♪と、

🍅

改めて地域の交流は、精神面の意欲の向上と、健康維持への密接な関係であります。

また、帯状疱疹がなかなか治らず、

痛みと闘っている方もおりましたが

外に出る事で痛みも和らぐと

皆さんから励ましや前向きになる秘訣のエールが山ほど送られていました。

地域は、今の暗闇だからこそ、その人に光が当たる大事で最も必要なことでした。

二度目のワクチンも、そろそろ終了する方もおり、

感染を心配しながらも感染防止対策を取り入れ

コロナに負けることなく前に進んでいこうと皆さんの姿から学びです。

お弁当100円持ち帰りから始めましょう。

またご連絡いたします。


No Comments »