高齢者110番の家 地域食堂 『きたほっと』 From 北見市新生町

高齢者110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

高齢者110番の家 貼付シール利用説明書

「高齢者110番の家」シールは2つの働きがあります。

(1)認知症と思われる方等が訪ねてきたとき、または周りで困っているのかなーと思われる方を見かけこちらから『何かお困りですか』などで確認された場合、明らかに不明の場合、警察110番へ連携をさせていただきます。

※名前・住所・服装・年齢など、把握できる部分をお伝えさせていただきましょう。

注:認知症の方は「自分の家なのかな」と窓から眺めることが多々あります。そのようなときに『高齢者110番の家』という強烈なネーミングシールが貼られていることにより、「訪ねても良いのかな」という思いがよぎります。優しく対応し安心感をあたえるようお願いいたします。

(2)地域の介護相談など、行き場所・介護保険が不明の場合地域の包括支援センターを伝えさせていただきましょう。

●北見市新生町拠点高齢者110番の家「地域食堂 きたほっと」でも受付中であります。
●第二土曜日10時から13時
●第四火曜日10時から13時

★中央地区地域包括支援センター
 北見市三楽町1番地1 26-0061

★東部・端野地区地域包括支援センター
 春光町1丁目58番地1-69-5111

★西部・相内地区地域包括支援センター
 とん田東町383番地 北見中央病院敷地内 66-0166

★北部地域包括支援センター
 高栄西町7丁目11番4号 22-7800

★留辺蘂・温根湯温泉地区地域包括支援センター
 留辺蘂東町84番地1 はあとふるプラザ1階 42-5008

★常呂地区地域包括支援センター
 常呂332番地2 0152-63-2026