北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

2013年行く年、2014年来る年

on 2013年12月31日

「きたほっと」2013年は改めて皆様との結束の固さや、

内容の充実に少しだけ進歩させていただいた年となりました。

2014年は“大きく力を入れるネットワークづくりの年”と、

「北見高齢者110番の家」の加藤会長共々考えさせていただいております。

暮れには、

北海道から認知症高齢者110番の家のシールも届き、

手にしてみると手ごろな大きさに納得です。

大きな紙面は、理解を得るためのちらしでありました。

2014年は、東京での各地域の意見交換を活かし、

もっともっとネットワークを固める試案が浮かんできます。

関係者の皆様とより深く意見を交換しながら、

地域に自然体で密着でき、尚且つ

「助かった!・安心だね」と言う

地域の安全網〟セーフティネット〟の輪を広げるお手伝いをさせていただきます。

☆☆☆♪☆☆☆

興部町で「サロンほっと」ができました。

まだまだ、地域の皆様の温かさをいただく場面のようですが、

このサロンが、地域の新しいレールの一歩となれば喜ばしいことでありますね。

有志の皆様や地域包括支援センターのご尽力の賜物ですね。

☆☆☆♪☆☆☆

限りある人生の一日を自分以外の為に働かせていただくことは、

日頃の修養が鍛錬となり

最期の場面で取り乱すことのない

目には見えない心の貯金と心豊かな老後の人生を示唆するものと考えます。

・・・・お礼・・・・

2013年、各方面の皆様には大変お世話になりました。

2014年もご縁のありました皆様方と、

今を生きる世代に任された任務を全うできるよう

微力ながら一歩でも前進できるよう行動へ移させていただきます。

2014年も何卒宜しくお願い申し上げます。



Comments are closed.