高齢者110番の家 地域食堂 『きたほっと』 From 北見市新生町

高齢者110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

きたほっと通信 3月24日分

きたほっと、24日も皆さんは元気に集合です!

元気でないのはストーブです。

3年を過ぎると調子が悪くなるのかと・・?

先週から二度目のストーブ屋さん依頼です。

何とか、他の2台の室内ストーブで維持です。

みなさんからも「あったかいよー。だいじょうぶだよー」と、

優しい心つかいに「あったかーく」なります。

ストーブ屋さん到着後の「雪でないかい?」との言葉に、

晴れ ちゃんと

おほしさんの二人が、

皆さんが帰宅した後、

「また、お金がかかると大変!!」と、せっせと除雪です。

☆☆

「ストーブ屋さんに頼まなくていいよー。30分たっても燃えているからー」と、

勤務中に、

二人の天使のようなお母さんからの報告が届き、

ほっと、一安心の雪との闘う一日でした。

次回は、4月11日です。

あった~か~く、な~れ!