高齢者110番の家 地域食堂 『きたほっと』 From 北見市新生町

高齢者110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

~興部町の地域包括支援センターの皆さんと、ボランティア団体の皆さんがお越しになりました~

~興部町の地域包括支援センターの皆さんと、
      ボランティア団体の皆さんがお越しになりました~

***

26日、興部町でご活躍の皆さんです。

会長さんは、野球の指導もされ、皆さんもお元気で活発な方ばかりでありました。

自分の町にも、地域食堂のようなものを検討したいと、

いつもの体操や、活性化した心の鎮静化を図るための

読み聞かせの時間も体験していただき、

その後は、美味しいカレーライスです。

調理のボランティアさん等は、

“おもてなし”をしなければという雰囲気が漂い、

さながら昔の町内会婦人部、裏方の雰囲気を味わう事が出来ました。

いつもの地域のお客様には、

興部の皆様から、「きたほっとはいかがですか」との意見も引き出していただき、

「とても楽しみ」

「早めの老人クラブが終わり、ご飯を食べに来るけど、楽しい」

「今日も久し振りに、クラブをやめた人と出会えて嬉しいの!」という

意見を聴かせていただきました。

なかには「自分は外食もしたいけれど、自分で決められないの迷ってしまうの。

ここは、セットで頼めるし大好きなコーヒーも飲めるから」と、

老いる事の現実も違った角度から知ることができました。

☆★

老人クラブ利用と共に来ていただく人、

老人クラブに行かなくなった人が来ていただくこと、

★☆

老人クラブの活性も叫ばれていますが、

クラブの利用が困難になった人も

デイサービス利用中の方も

地域で交流できる場所が必要な事を

来客を通して現場から改めて教えていただきました。

☆★☆

おこっぺの会長さんから

「いやー皆さん、お元気なのには驚きました。

とてもお若い!

もっと、静かな状態かなーと思ってきました。

ここは、声をどんどん出すから良いのですねー

お腹から声を出すことはいいですねー」と評価をいただきました。

★☆★

地域のお客様帰宅後からは交流会です。

興部の町の事

北見の町の事

きたほっとのこと

***

*ボランティアを行っている皆さんが、在宅介護者であること、

*定期的に遠方まで出かけている人、

*きたほっとの他に地域でボランティアを行いだした人、

たくさん、話題が飛び交いました。

カニの話も・・・・冗談が次々です。

とても楽しい交流の場となりました。

ありがとうございました。