北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

9月11日 オレンジカフェ(留辺蘂)より

留辺蘂 オレンジカフェ

本日は、13名の方が参加していただけました。

お一人で暮らされている高齢者も参加され、

『みんなで食べるご飯は美味しい』と、

賑やかな昼食となりました。

話題は、もちろん

台風の事でしたが、

参加者からは、次回の依頼ごとや

食事のメニューなど嬉しい注文もいただけました。

毎月1回目の日曜日開始ですが、

参加者の皆様の意見で

来月は、9日(日)となります。

メニューは、ご希望通り醤油ラーメンとなります。

みなさん、お隣同士誘い合い気軽にお越しください。

10時~13時まで開店です。

会場の会館は以前は葬儀や集まりに

活発に使用されていたところですが、

今は、

あまり使用されてはいない場所で、

電気が灯り

少しの飾り付けをすると、

くたびれた会館が、

まるで千と千尋の神隠しのように

賑やかな雰囲気を感じさせていただきました。

*

歌と、笑いと

全員のお話しから、

障がいをもっていても、

釧路や層雲峡のホテルの洗濯物やタオルなど、

多くの仕事を担い

地域の産業を支えていました。

パンも大きくて安くて美味しいのです。

留辺蘂のスーパーに販売してもすぐ売れてしまいます。

学校の給食のパンも担っていました。

すごい、すごい!

みんな、みんな、頑張っています。

心やすまる楽しい時間でした。

IMG_0843