北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

5月28日のきたほっとより

前回に引き続き多くの方が元気にお越しいただきました。

真っ先に

ごあいさつの後は、洪水マップで自身の避難所を発見です。

Aさんは、私はスケートリンクの2階、

Bさんは、北光小学校だわ‥など、

それぞれのお家に配布されているのですが、

まだ開いていないとのことで、

今後は、何度も繰り返しの把握が必要なようでした。

ご飯もおいしく、食べきれず残りを持参する人も。

先日いただいた段ボールの菓子箱にもワクワク感が漂っていました。