北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

『きたほっとの水道が変だ』と米ちゃんから。

on 2021年4月27日

先日の玉ネギ分け時に、

『しばらく使用していないので掃除をしたい』と

米ちゃんら数名から申し出があり

🧹

『どうぞ!どうぞ!お願いします^^」と依頼したが、

『どうも水道が凍ったらしい。水が変なところから出る!』と。

昨日、すぐに飛んできていただけるアンサーに依頼し見ていただくと、

やはり水道管に故障が来ているとのこと。

毎年恒例の難である。

建築現場の小屋を改修したのだから仕方がない。

このような場所でも、小さな地域の城である。

『明日、水道工事の人が来ます』と安堵するが

次の開催について話をするが

💉

皆さん、やはり『ワクチン接種が終わってから・・・・』と。

待ちくたびれた末には、また新種株が登場し、これでもかと精神的にも皆さん

ダメージを受けているが

やはり体を一番に、

他人迷惑をかけられないと思う気持ちが勝っているようだ。

そんな中でのトリアージ(治療や搬送の優先順位を決めること)の話しも出てきているが、

今まで地域で頑張っている人たちだ!、

🚑

優先順位は一番の救命にしていただきたいと勝手に考えるが、

若い人も老いた人も、

生きる事・死ぬことを直で考える時期が到来した。



Comments are closed.