北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

3月16日 フォーラムを開催します

on 2013年2月23日

みんなで考え、みんなで創る、住みやすいオラがまち!

開催日時:平成25年3月16日(土)
会  場:北光地区住民センター

★第1部(参加費無料・定員100名)
 基調講演1 『地域の助け合いについて』
        社会福祉法人東北福祉会認知症介護研究・研修仙台センター
        研修研究員研修指導主任 矢吹知之様

 基調講演2 『北海道における高齢者見守りネットワーク事業状況について』
        厚生労働省北海道厚生局福祉指導課 課長 高崎正則様

 グループワーク
  『地域で暮らし続ける為に、みんなで意見を出し自分等も出来ることを考えよう!』

 ※その他、関係機関からの事例紹介や報告・当事者家族からの発表を予定

★第2部(昼食代 500円・定員50名)
 ランチョンセミナー
 題材『認知症高齢者に携わっている人々が事例を通して知りたいこと』

詳細は下記からご参照ください。
3月16日 フォーラムチラシ

申し込み締め切り:3月12日(火)



Comments are closed.