北見高齢者・こども110番の家 地域食堂 『きたほっと』

北見高齢者・こども110番の家とは、地域の困った高齢者等が、「高齢者・こども110番の家」のステッカーの貼ってある家を訪ね、その家から地域包括支援センター等へ連絡して頂き問題解決に繋げていく。これを北見市内に広めていく事を目的とした拠点が、地域食堂「きたほっと」(誰でも集えてほっとする食堂)です。

6月21日 三輪地区懇談会を開催しました

on 2013年6月24日

三輪地区懇談会では

予定参加人数を大幅に超え地域の皆様にご参加いただけました。

自分等の地域で起きている事を北見警察署から聞かせていただき、

連合町内会長さん初め地域住民並びに多くの地域を司る関係諸団体

(北見市・民生委員・精神ソーシャルワーカー・認知症の人と家族の会・町内会長・ボランティア・介護支援専門員・各地域包括支援センター・介護保険事業所)等の皆さんと

会話を交える時間となりました。

とくに三輪地域に住む在宅介護者から

認知症からの現実の悩みと、これからのことを皆さんに尋ねる有意義な会となりました。

★★♪★★

・徘徊からの遠方距離拡不明を防止するためにも

・足の悪い人が外へ出かけるためにも

・人と人との交わりを深め会話を促進する為にも

住宅街や町の中にこそ、ベンチを置くことを伝えさせていただきました。

★★♪★★

ご参加いただきました皆様誠にありがとうございました。



Comments are closed.